大した話ではないです

高校生の時のこと。

当時、2013年4月に日本一号店をオープンさせたギャレットポップコーンが原宿に毎日大行列を作っていました。私は何の気なしに「同じポップコーンが全く違うケースに入って近所のスーパーに売っていたらあの人たちは買うのだろうか」というような内容のことをTwitterに書き込みました。 しばらくして、当時の部活の先輩が、ツイート見たよ、友だちにも見せたらすごい子だねって言ってた!と笑いながら言ってくれました。

 

ポップコーン専門店の流行りはだいぶ落ち着き、現在はかき氷やカップケーキなど、さまざまに移り変わっているようです。中でも、2010年日本参入のEggs'n Thingsや2011年日本参入のCafe Kailaなどに代表されるパンケーキのブームは長きに渡って続いています。 幸せのパンケーキ、billsなども流行っています。

 

パンケーキを食べに行くということはいまや一つのアトラクションです。女子高生、女子大生の憧れの的となり、平日でも1時間待ちなんてのもザラです。さて、そのことに関して気になることがあるんです。

 

「甘い円盤を探して 並ぶためにパンケーキ食べて」

歌手)Suchmos 曲名)GAGA

 

「お洒落なカフェにも行きたい 並んでパンケーキ食べたい

 頭の良さそうなこと呟いてリツイートされてみたい」

歌手)CreepyNuts 曲名)たりないふたり

 

二つの曲から歌詞を引用させてもらいました。かっこいいよね、どっちも。

二つ目の方はここだけ見るとあまり分からないんだけど、たぶんふたりは本当にこんなことを思ってるわけじゃない。

検索欄に パンケーキ 行列まで入れると、予測にバカって出てきます。本当に調査したの?っていうようなニュースサイトみたいなものがたくさん出てきて、ほんとに食べたいと思ってるんですか、高いでしょ、おかしいでしょ、と 

 

パンケーキ、行列はそんなに糾弾されなくてはいけないものでしょうか?私は最初に書いた高校生のときにTwitterに書いたことを後悔しています。先輩は本当はどう思っていたのかわからないけれど、そんなこと言う人いないからって笑ってくれたとしても友達は実際並んで買いに行っていたし、余計なこと言わなければよかった。

 

まとめ

・別にいいじゃん

・わざわざ記事にしたはいいけどそんなに書くことがなかった